~映像のスペシャリスト~

■株式会社東京現像所
1955年(昭和30年)に映画業界の技術水準の向上、量産化推進の一翼を担うため東宝をはじめとする映画会社各社の出資により設立された歴史ある会社です。

映画ポスプロ・ドームスクリーン

現在に至るまで長年、映像に関する研究を重ね新たな技術を取得し展開。
あらゆる可能性を追求する姿勢を貫き、その結果、現像、編集、DI、CG合成など『映画のポストプロダクション』はもとより、『吸気式ドームスクリーン(特許取得)』、『偏光メガネによるドーム立体視システム(特許取得)』の企画、制作、販売にも意欲的に対応。

映像アーカイブ制作

さらに近年ますます需要が期待されるフィルムをはじめとする『映像アーカイブ』へも万全の対策を整え、
16mm・35mmフィルム、各種ビデオを修復後様々なフォーマットでデジタル化して納品することにより、
大事な映像作品の管理や保管場所の縮小化を可能としています。

URL

http://www.tokyolab.co.jp/
  • 株式会社東京現像所